本文へスキップ

        日本敷金診断士会 関東地区支部
          敷金診断士 石崎 明

手続きの流れPROCEDURE

私たちは適正な範囲の原状回復費用を査定し、アドバイザーとしてサポートします。
敷金返還・敷金トラブル、その他 住宅に関するご相談はお任せ下さい。

                        
手 順 手続き内容 準備する物
STEP 1 1. 事前相談(無料)
 不安な点やトラブルの内容など、できるだけ具体的に電話や
 メールでご相談して下さい
(ご相談の結果で依頼するかどうかの判断をしていただきます)
契約内容
居住年数
お部屋の状況
賃料・敷金など
をお聞きします
STEP 2 2. 敷金診断士への依頼、事前打ち合わせ
 依頼書を郵送・またはFAXで送付して下さい
 その後、賃貸借契約書・重要事項説明書・東京ルールなど
 契約に関する書類(写し)、入居時の写真・チェックリスト
 などを送付して下さい
(契約内容や特約条項、入居時の状況などを事前にチェックします)
 お引越し日、立会い日時が決まったら早めに連絡してください
契約関係書類(写)
・賃貸借契約書
・重要事項説明書
・東京ルール
・入居時の写真や
 チェックリスト
STEP 3 3. お引越し
※お引越し時の注意点
 ・自分で取り付けたものは元に戻し、室内には何も残さない
  ようにして下さい(残置物の処分費用が発生します)
 ・お部屋を綺麗に清掃して下さい
 ・電気・水道・ガスの停止や郵便局への転居・転送手続きも
  忘れずに
市町村への届け出
電気・水道・ガス停止
郵便局への連絡
その他、各種転居届
STEP 4 4. 現場での立会い
 立会い当日は、敷金診断士が立会時間の30〜40分前に伺い
 ます
 事前に室内の状況チェックと毀損・汚損の確認・写真撮影を
 します
 貸主との立会いでは室内を調査し、原状回復の必要性を双方
 で確認し合意しておきます
(貸主には敷金診断士が同席する旨、事前にお伝えしておいて
 下さい)
 立会い当日に査定料のお支払をお願いします
貸主への事前連絡
退去チェックリスト
デジタルカメラ

査定料
STEP 5 5. 見積書のチェックと査定書作成
 貸主からの原状回復の見積書が適正かどうか検討し、査定書
 を作成して依頼者に送付します
 依頼者は査定書の内容に問題がなければ、その査定書を
 ご自分の意見として貸主に送っていただきます
 ※敷金診断士は貸主に対し査定書の説明や疑問には
  対応しますが貸主との直接交渉はできません
原状回復 見積書
STEP 6 6. 敷金の返還完了
 原状回復に関するご理解を深めながら話し合いを重ね、
 双方が合意に至るようサポートします
 

敷金返還・敷金トラブルは敷金診断士へ

STEP 7 7. 合意が得られない場合
 交渉が決裂し、合意が得られない場合は裁判所の判断に
 ゆだねます(少額訴訟により決着を図ります)
 弁護士等の紹介をはじめ裁判準備をサポートします
 
 
敷金返還・敷金トラブルは敷金診断士へ

STOP  既に退去されてしまった方もあきらめないでください!
 退去後のトラブルにも対応し、あなたの負担割合を適正に
 判断し退去精算を敷金返還までサポートさせていただきます
 是非一度、敷金診断士までご相談ください
 
※(非弁護士の法律事務の取り扱い等の禁止)基本的には法律事務に関する交渉は弁護士と
  認定司法書士にしか認められていません、交渉を含めたサポートをご希望であれば弁護士等
  をご紹介いたします
 

敷金診断士事務所

〒108-0073
東京都港区三田2-1-45
    三田ロイヤル101

すまらいねっと
ランド開発株式会社

TEL 03-3457-0222
FAX 03-3457-9909
E-mail info@sumarai.net

自宅:神奈川県相模原市
携帯:090-8561-4682(石崎)

無料相談:1回限り5分以内



日本住宅性能検査協会

敷金・保証金返還に関する
敷金診断士のサイトです。
敷金返還・敷金トラブルは敷金診断士へご相談下さい。


当サイトはリンクフリー
相互リンク大歓迎!
inserted by FC2 system